好きだったはずなのに気持ちが冷めていく彼女の言動パターンとは

一見上手く言っているような感じのカップルでも、彼氏は内心「コイツの○○な部分が嫌い」と思いつつ、他に適当女の子がいないからと、妥協
して付き合っていることもありますが、彼氏の心が冷める原因は彼女が日常的にやってしまう、彼女からしたら小さな事な場合が多いようです。

 

そこで、彼氏側は内心ストレスに感じている彼女の言動をご紹介しますので、自分が同じような事をしていないかチェックして下さいね♪

 

●好きだったはずなのに気持ちが冷めていく彼女の言動パターンとは

 

・すぐに叩くなどの暴力を振るってくる

DVというと男性が女性に対し振るうこと多いですが、最近では男性側がDVについて相談するパターンも増えてきています。

 

女性側からしたら、ケンカでついカッとなって物もぶつけたり、手で殴るなどの行為に出るのかもしれませんが、女の子だからと下手に手を出せず、
自分が一方的にやられてしまう男性も多いのです。

 

男だから大丈夫と思いやっているのかもしれませんが、単なる冗談で叩いていたとしても、男性からしてみれば男としてのプライドを傷付けている場合
もありますので、暴力に訴えるのはやめましょう。

 

 

・女らしさのかけらもない言葉遣い

「ふざけんなよ」「このバカ」「お前ウザイ」「死ね」など、自分の感情にまかせて侮蔑的な発言をし、男言葉や汚い言葉を使う自分カッコイイ!と思っていません
か?

 

そんな言葉使いを好きな子が使っているのを見るだけでドン引きです。言葉遣いというのはその人の人格も垣間見えてくるので、変な言葉遣いや発言を繰り返す
彼女を友達にすら会わせたくないと思われてしまいます。

 

 

・最初と現在では激しく劣化した容姿

付き合った当初はかわいらしいファッションや容姿だったのに、付き合いが長くなるにしたがって服装やメイクにも手を抜くようになり、体形もドラム缶に近づいて
しまうと、さすがに愛情だけではカバーしきれなくなります。

 

容姿がすべてとはいいませんが、何の努力もしないヨレヨレな素顔の私を見てと言われても、男友達に笑われるような彼女は彼だって願い下げです。

 

 

・自分の意見がすべてな自己中思考

彼氏とのデートは自分の予定が開いている時のみだったり、自分の意見が通らないからとむくれてしまうようでは、関係は上手くいかなくなります。いつでも彼氏中心でとは言いませんが、彼氏の優先度があまりにも低すぎる場合には、心の距離も少しづつ開いてしまいます。

 

恋愛は束縛しすぎも距離が開きすぎても上手くいきません。ふたりにとってベストな距離を見出すことが大切です。

 

おわりに

 

無意識のうちに、彼氏を自分より格下な存在だと思い込んでいませんか?恋愛は対等な関係でないと上手くいかなくなりますので、もう一度自分の行動と心の中を見つめなおし、彼との関係をより良いものにしていきましょう。